産後ダイエットで効果的に痩せた方法

産後ダイエットを始めるなら、まずは産褥体操から〜その2〜

 

出産した後は、自分の体型が気になりますよね。でも、産後すぐには運動することもできず、どうしたらいいのか?と思いますよね。

 

産後ダイエットとして、産後すぐに始められる産褥体操があるんです。

 

産褥体操をすることで、産後の体の回復も助けてくれますし、妊娠中に緩んでしまった筋肉を少しずつ元に戻していきますので、ダイエットとしての効果も期待できます。

 

今回は、産後3日目からの内容をご紹介します。

 

※体制は横に寝転んだ状態です。

 

〜産後3日目〜

 

腹筋を引き締める運動

 

両足を伸ばした状態で、両手を背中の下に入れて隙間を作ります。

 

呼吸をしながら、この隙間を少しずつ狭めていくようにお腹に力を入れ、引き締めます。

 

その後、ゆっくりとお腹の力を抜いていきます。

 

足の運動(片足を上げる)

 

片方の膝だけ90度ぐらいにして立て、足の膝から下をまっすぐにして上に上げて伸ばします。

 

両足ともします。

 

〜産後4〜5日目以降〜

 

足の運動(両足を上げる)

 

両手を体の横にそわせ、両足を揃えて、床から大体30〜40度ぐらい上に持ち上げます。

 

骨盤の運動

 

両膝を立て、両手を体の横で伸ばして、手のひらを下にします。足の裏を床につけ、両足を揃えたまま左右に倒します。

 

 

このように、産後5日目ぐらいの産褥体操の内容を少しだけ紹介しました。

 

産後1日目からでもできますが、出産でまだ体が疲れている場合は、産後3日目頃からでもいいと思います。

 

少ししんどいと感じる時や体調が悪い時は、無理をせずに、自分のペースでするのが大切ですし、続けられる秘訣だと思います。

 

産後ダイエットは、自分ができそうなことから少しずつ始めていくのがベストだと思いますし、産褥体操なら私でもすることができました。

 

少しずつこの体操に慣れてきて、産後1ヶ月後ぐらいからは腹筋など、お腹の筋肉をもっと意識するような体操や自分のその時の状態に合わせて、強度を上げていきました。

 

産褥体操をしていると血行が良くなった気がしますし、以前は手先・足先が冷たくなる冷え症に悩んでいたのですが、なくなりました。

 

1日15分前後の体操ですが、だんだんと体がぽかぽかするようになり、代謝も上がってきているのかなと思いながらやっていました。

 

やっているうちに自然と骨盤の歪みも元の位置に戻ってきているのか、お腹や太ももあたりもすっきりしましたよ。

 

ダイエットを始めるタイミングは人それぞれですし、産後1ヶ月ぐらいはゆっくりと過ごしたいという方もいらっしゃると思います。

 

あくまでも、無理をせずに、自分のペースで、を大切にしてくださいね。

 

すぐにでも産後ダイエットを始めたいと思っていらっしゃる方は、ぜひ産褥体操から始めてみてくださいね。